ドキュメンタリーで英語の勉強を

ある程度ニュース単語も知っていてリスニング力もそれなりにある中級以上の方向けになるかと思いますが、英語の勉強方法の一つをご提案します。
今私は英検1級に向けて勉強をしているのですが、それにも役立っています。

その方法とは、ドキュメンタリー番組を英語+字幕で見ることです。
字幕が付いているというポイントが実はちょっと大事です!

日常の話し言葉を聞いて覚える方法はたくさんあり、その中でも英語のドラマ、映画やニュースなどを原語で見るというのもありますね。
映画やニュースも良いですが、ドキュメンタリーを見ることで得られるメリットも幾つかあるのです。

1.自分で見たい分野を絞って見ることができる

例えばニュース。硬い表現の言葉の勉強にもなるし世界の出来事も知ることができます。しかし、扱う分野が広すぎて、自分には興味のないものも流れてきますね。

ドラマだと日常語の言い回しはたくさんでてくるけど、英検やTOEICなどの試験対策やビジネス英語の勉強には不向きなものもたくさんあります。

ドキュメンタリーは分野が多岐にわたり、一つの動画で一つのトピックを扱います。また、視聴者に聞かせるための話し方をするのでナレーターの英語も聞き取りやすいです。

youtubeや英語学習関連のサイトには、短い動画で試験対策用のも色々あるかも知れませんが、1つの番組として「楽しみながら」見聞きするものとしても、ドキュメンタリーをおすすめします!

2.話すスピードが速すぎず聞き取りやすい

映画やドラマは皆、話すスピードが結構速いですよね。
ニュース番組もアナウンサーが原稿を決められた時間内で読むから、サーッと割と早いものが多いと思います。
その点、ドキュメンタリーだと聞かせるために制作されているので、視聴者に聞き取りやすいスピードで話すことが多く、中級者くらいなら普通に聞き取れます。

私はアマゾンプライムでですが、字幕付きのものを見ています。
そうすると、ある程度聞き取れるスピードの英語の下に字幕が出るので、耳でも理解して目でも確認ができ、ダブルで頭に入ってきます。
先ほど書いたように、一つの分野に関して深堀りをしていくのがドキュメンタリーなので、その関連の専門用語や言い回しもたくさん出てきます。新しい言葉も増やしつつ、その分野の知識も広げられて一石二鳥です。

3.関係者へのインタビューで、訛った英語や台詞ではない生の英語を聞ける

ドキュメンタリー番組では関係者が複数登場し、インタビューに答えたり意見を言ったりします。台本や台詞と違い、つっかえたりしながら自分の言葉で話します。また、地方や英語圏でない人は訛っています。
そういった発音の違いが聞けたり、台詞では出てこない感情の乗せ方が聞いて取れたりするのが面白いんです!
専門用語や英検1級レベルの単語もこういう説明でこうして使われているんだ!という確認もできます。

では、どのように英語の学習に活用するかご紹介します。


ーといっても、そんなにかしこまるような難しいものではありませんが。

まず、興味のある内容のドキュメンタリー番組や映画を選び、字幕をONにして見ます。
字幕を付けたものを見るのですが、あくまでもメインは英語を聞く方で!

そして、聞いたことがある!あれ?こんな言い方があるんだ!?というように引っかかった言葉や言い回しが出てきたらそれをノートやメモに書き留めここで初めて字幕を意識して確認してみます。
自分が覚えた意味と違う意味合いで使われていたり、知っている英単語と違う単語での言い方をしていたりと、新しい発見もたくさん出てきます。

1時間ほどのドキュメンタリー番組で20近くは気になる単語やフレーズが出てくるはずです。
字幕があるのでそれを一緒に書き留めておけば辞書を改めて引く必要もなく、あまり手間にはならないかと思います。
何本か見ていくうちに、新しい言葉のストックが溜まってきます♪
分野ごとに分けてメモしておくと後から見やすいです。

注意が必要で、これはディクテーションと同じようなことをしているので、
単語などはある程度事前に勉強をしておいてからでないと、分からないまま字幕だけを見て終わることになります。
もちろん、字幕を見てからその単語を聞いてメモを取ることもできるでしょうが、単語のスペルが分からない場合が多くなるので、効率も悪いと思います。

一番おすすめしたいのは、英検1級の単語の勉強をある程度してあって、ライティングや二次試験対策の為の知識を付けたいという方です。

最近見た、面白かった映画はこちらの『フードインク』です。
アメリカの食品工業・農業の裏側の話です。

ドラマや試験に特化した動画に飽きたら、いっぺん見てみて下さい、ドキュメンタリー番組。
隙間時間に少しずつでも大丈夫です。フィクションと違う面白さを発見してもらえればいいなと思います。

  • ブックマーク