音声を付けての音読練習

”TWO CHALLENGE”ってご存じですか?
Youtubeなどでも見られますが、ちょっとした英語のいたずらです。”T-W-A”
”T-W-I” “T-W-E” “T-W-U” と順にスペルだけ聞かせて、それを発音させる。最後に 出題者が”T-W-O”と言うと、思わず「トゥオゥ」「トゥオー」などと発音してしまい、爆笑を買うというものです。
ネイティブなのに、T-W-Oとスペルを聞くだけでは本来の発音がとっさに出ないのです。”TWO”の単語を目にして初めて認識されて、トゥーという発音と結びつくのです。ということは、私たちは視覚からの情報に頼っている部分が大きいことが分かります。

英語の単語や文章の発音の勉強方法には音読、ディクテーション、シャドーイングなどがありますが、それぞれどういう効果があるのでしょうか?

音読は、英語の文を読みながら発音します。
音読は文章をパッとみて読み、瞬間的に発音が口を口をついて出るようにする練習に良いです。
読みながら単語のスペル確認ができますが、文章だけだと発音をするのにお手本がありません。そのため、正しい発音は辞書やPCなどで音声を確認しなくてはなりません。音読は、ある程度発音の法則が分かっている方が文章の流れにそってスムーズに発音する練習に良いかと思います。

シャドーイングは、文章を読み上げる音声に少し遅れて同じ発音をしていくものです。何も見ないで音だけ聞きながらでもできる勉強法なので手軽なのが長所ですね。しかし、音だけを追う為、初学者の方がこれをやると音だけが流れてくるのをなんとなく同じように発音するだけで、意味が頭に全く入ってこないことになります。単語と意味を知って初めて音と繋がるので、シャドーイングだけで単語を覚えようとすると何十回もしないといけないので非効率です。
なので、ある程度の単語が頭に入っている状態で発音矯正に特化させるとよい学習法だと思います。

ディクテーションは、短文などを音声で聞き取り、それをノートに書き取っていくものです。単語のスペルが分かっていないと書けないので、単語の強化や聞き取り練習に良いです。書き取りながら文章の確認もできるので、シャドーイングよりも難易度は低くやりやすい学習法だと思います。単語を書き出しながら、自分のリスニングの弱点をはっきりと知ることもできる勉強法です。

上記の他、効率の良い学習法として、音声つきの音読が私はオススメです。
シャドーイングは耳だけ、音読は目だけを使ってますが、耳と目の両方で同じ文章を頭にいれ、且つ発音もしていくのです。ディクテーションのように筆記具やノートも使わないので時間がない時にもやりやすいですし、テキストも見つつ音も聞くので単語の発音とスペルが一度に確認できます。
一つ不便なのが、リスニング教材と違い音声+テキストが揃わないといけないのですが、そういう教材から好みの物を探すのが少し大変かも知れません。
そういう場合は好きな映画を英語の字幕で見て音読(台詞のシャドーイング)してみましょう。

冒頭の話にも繋がりますが、リスニングの練習もとても大事ですが、慣れなくて聞き取りにくいうちは視覚の情報にも頼ってしまってよいと思います。
視覚の情報を入れることでスペルと音が繋がり、単語の認識が早くなります。


ただ、やはりどの方法も一長一短や好みもあるので、自分に合った方法がどれか、ぜひ色々と試してみましょう。

  • ブックマーク