ポモドーロ・テクニックをやってみた

語学の勉強って、どこまでやればいいか分からないし、終わりがないですよね。そして、時間には限りがある。
だから、できるだけ勉強中は集中力を高めていきたいですよね。

ポモドーロ・テクニックというのをご存じですか?
イタリア人のフランチェスコ・シリロ氏によって考案された、時間管理術の一つです。ポモドーロ(イタリア語でトマトの意味)は、彼が使用していたトマト型のキッチンタイマーに由来します。
タスクを一つ決め、タイマーをかけつつ25分間全集中して取り組み、時間が来たら5分間休息をとる、を4セット繰り返す、というのが基本的な流れです。
この25分間の間はふと思いついたことはメモにして後回しにする、休憩の際はタスクが途中でも必ず一旦切り上げる、コーヒー飲んだりするのは5分休憩の時など、細かい指示もあるのですが、大事なのは25分集中+5分弛緩の繰り返しだということです。

やってみたら、こんな感じでした

どんなものか、いっぺんやってみることにしました。
子供達を寝かしつけた後の夜の時間帯でした。眠気もすでに出てきており、正直最後まで持つか心配でしたが。。。

まず、最初の25分間は短く感じました。
普段なんとなく30分一区切りでやっているのですが、その感覚で始めると、常に時間の流れが5分短く感じます。
なので、マズイ、時間がない!という無意識の気持ちを持ち、集中力が高まるのを感じます。いや、感じる隙のないくらい集中できました。

5分休憩では、伸びをしたり、水分をとったり。案外忙しくてあっという間。
この休憩時間の間にさきほどの25分(1ポモドーロ、とカウントするらしい)でできたことをノートに書き出します。
そして、また次の25分の準備をします。

2ポモドーロ目。。
途中で時計をチラ見すると、今度は意外と進みが遅い。
集中力がついて、勉強のスピードが速まったのかも知れません。
タイマーで終了時間が告げられると分かっているからか、やはり「それまでに少しでも多くできることをやろう」という気持ちになっていたようです。

次の5分休憩。
今度も伸びをし、トイレへ。またできたことを記録。

3ポモドーロ目。
3巡目となると、時間の長さの感覚も少し分かってきて焦ったりするこがなくなりました。また、タイマーが鳴ってくれるので時計を気にしなくていい、と思うようになりました。
でも、、今回は時間が遅くてちょっと疲れてきました。。

最後の5分休憩。
眠くなってきたので、最後の25分間はちょっと違う内容の勉強をすることに。
そして、目の疲れが出てきたので、少しマッサージを。

4ポモドーロ目。
さきほどまではテキストを黙読して設問に答えるものや、単語を覚えることをしていましたが、今回は音読を。言葉を口に出すことで眠気を飛ばす作戦です(笑)音読25分は大変なので、途中からはリスニングに変更。
25分内の使い方は自由です。

やってみての感想

25分間が最初短く感じたのが次長く感じたり、時間の観念がなくなったりと、集中するに従って変わっていったのが面白かったです。
慣れてきたら開始からmaxの集中力でいけるようになると思います。
が、うなると5分間の休憩時間が重要になってくるなと思います。

集中すると、飲まず食わずでトイレも行かずに続けられる人もいますが、やはり途中で一度作業から離れて体や頭を緩めることは大事です。
例えばPCに向かっていると思っている以上にまばたきしていないし、足を組んでいると思った以上に腰にくるし、方もバキバキ。
5分間あれば身体も緩められて、次の25分間でまた集中していけます。

もしやってみたい場合、1ポモドーロが25分間で休憩5分と合わせて、それを4セットが基本なのだそうです。
しかし、自分の集中力の持続には25分間は長すぎる!という場合は例えば15分間+5分間などのようにアレンジしても良いようです。
また、そんなに何セットもやっている時間がそもそも無いんです!という場合は、例えば短めの時間設定×2セットだけ頑張る、というのでも良いかと思います。
私も次やるときは少し短めのセットでもいいなぁと思ってます。

はっきり時間を区切ってそこだけ集中!と決めることで効率よく作業や勉強を進めることができるのがこの時間術の良いところだと思います。
いわゆる「隙間時間」よりももう少し長く使える時間があるようでしたら、是非試してみて下さい。
上手く活用して、効率よく勉強していきましょう♪

  • ブックマーク