2021年第1回 英検1級合格しました!

5月末に1次、7月11日に二次試験を受けた英検1級ですが、合格しました!

勉強期間6か月間、初めての受験での合格ができました

点数は本当にギリッギリで恥ずかしいのですが、点数のラインは越えたということで、間違いなく合格です(*^^*)

6か月間ずっと毎日4,5時間勉強した…訳ではありません。。
そんな時間を毎日は捻出できません。
しかし、単語を覚えるのに、お誘い頂いた有志グループに入って早朝の勉強会に1か月間ほぼ毎日参加したり、過去問をたくさん解いたりと真剣に勉強してきました。

実は、1次もギリギリの合格だったのですが(笑)、受けた感触が難しく、試験が済んだ時点で2次の勉強は諦めてしまいやってませんでした。
(後ですぐ自己採点してみてギリギリだったから、essayでダメかも?ととなおさら)

6月末に1次合格が分かり、慌てて2次試験の準備を始め、1か月間でなんとか合格にこぎつけたという感じです。

正直、点数がもっと取れたとしたら(1次の)ライティングと(2次の)面接のトピック次第だったかなと思います。トピックが自分のよくわかるもの・論じられるものだったらもっと点数は取れたのかなと。。


面接ではいくつかあるトピックから選べるのに、とち狂ってしまい、勉強してもいない「mental illnessについての問題」というようなのを選んでしまい、新たに勉強したものが無く自分の今までの知識オンリーで臨むことになってしまいました。
重点的に勉強したSDGs関係のを選べばよかったのに!と面接後は、自分に対して責めました。

途中で言葉は詰まるし、同じフレーズを繰り返したりしてしまうし、ボロボロ。

でも、以下の点をとにかく心がけていきました。

  • マスクながらも笑顔を忘れないこと
  • 言いよどんだら、簡単で良いから言い換えのフレーズを探してみる
  • 発音をはっきり
  • 面接官は話を聞いてくれようとしている!と思ってリラックスする
  • 終わったあとの挨拶も爽やかに

正直、内容がお粗末になってしまったので悔しいし恥ずかしかったのですが、とにかく最後まで笑顔で通し、”Have a nice day”と一言付けておきました(^^)

もちろん、面接の練習や勉強をすることは大前提です。
しかし、面接官も人間なので、こういう細かい部分も気を使っていくと、本当に心持ちではありますが、印象が良くなるのではないかと思います。
いかにもド緊張した顔よりも笑顔の方が聞く方も聞きやすいですよね?

  • ブックマーク