日本人の英語教師

英語や外国語を習う際、発音や単語の量重視でネイティブの先生が選ばれることが多いですね。
日本人の先生はネイティブの先生とどう違うのでしょうか?
そして、日本人の先生はどういうメリットがあるのでしょうか?

ネイティブの先生のが日本人の先生と違うところ・選ばれる理由は、発音がネイティブ、単語や言い回しが確実、という点でしょうか。
英語を例にしますが、RやL、thの発音やリエゾンする部分の発音はきれいで完璧ですね。また、単語も言い回しももちろんすぐに出てきますし、日本語訳もできるかも知れません。

しかし、日本人の先生にも選ばれる理由があります。
文法的な説明を日本語でするので、初級者生徒さんには分かりやすい・ニュアンスの違いを日本語を例にとって説明するので伝わりやすい、という点です。

英語脳とよく聞きますが、日本人で育ってその感覚でずっと生きてきているのに急に英語脳になれとか英語脳で考えろと言われても無理な話だと思います。

例えば、「私は驚いた」を英語にすると”I was surprised”と受動態になります。 日本語では「私は驚かされた」とは言わないので、これは英語ならではの視点です。
英語ならでは=英語圏での文化がベースにあるので、そういう視点を持てと言われて、ハイと簡単には言えません。
そこで、日本人で海外経験者の先生が必要となります。
海外で暮らした経験や英語をそれまで学習・使用してきた経験があるので、日本の文化以外からの視点があります。そして、それを自国の文化と比較して違いなどを生徒さんに説明することが可能なのです。
また、日本語の文法と同じような用法の英語文法があるときはその説明もできるし、日本語で英語を教えることは、特に学習初級者の方には必要です。
また、もしその先生が海外経験者なら、そこで習得したネイティブに近い発音も学習者の参考になると思います。

ということで、初級者の方は、日本語ができないネイティブの先生に教わるよりは英語の発音が上手な日本人の先生に教わる価値が高いと思います。

  • ブックマーク