隙間時間の活用法-バス・電車通勤編

通勤中の時間を勉強に充てられたら…そういう思われる方向けの、勉強法をご紹介します。

【バス・電車通勤で、本やスマホは持たない前提】

まず、バス・電車通勤で、両手に物を持たない前提とします。
例えバスや電車を利用していても、両手が空くとは限りません。
また、自動車や自転車通勤の方もいらっしゃいますが、こちらは運転に集中しないと危険なのでここでは対象外とします。

因みに私自身の場合は、都心から少し離れたところに住み、バス+電車で片道1時間半ほどかけて都内へ通勤してました。
電車は乗車率の高い路線で有名で、特に行きは身体の重心も保てず、手で掴まれるところを探すのも難しい時もあるほどでした。

【目だけでできる勉強】

手を使わないとなると、使えるのは目と耳ですね。
まず、目だけでできる勉強のアイディアをいくつか挙げます。

  1. 景色が見えるようなら、窓からの景色を見ながら頭の中でその景色の描写を英語でしてみる。
  2. 景色が見えないなら、吊り広告などで見えた単語を英訳もしくは和訳してみる。
  3. 景色も広告も見えないなら、今日の自分の予定を思い浮かべるなどして、頭の中で日記風の文を考えてみる

【耳だけでできる勉強】

耳だけでする勉強はイヤホンをしてラジオなどを聞くのが有効です。
ポッドキャストやラジオ番組も数多くありますが、英語の勉強に使いやすいものを以下に3つ挙げます。

1.NHKラジオの語学番組
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/index.cgi

ラジオ英会話、ビジネス英会話など、レベルに合わせて選べ、繰り返し聞いたり日本語解説があったりします。初級者から楽しめます。

2.TED 
https://www.ted.com/
youtube、アプリ、ラジオなど媒体もたくさんあります。
様々な分野の著名人がするスピーチを聞けます。
スマホに字幕が出るアプリもありますが、耳だけでの勉強となると、ナチュラルスピードのスピーチは初級者には聞き取るのが難しいかも知れません。
聞き取りがある程度できる方向けです。

3.Learning English VOA(Voice of America)
https://learningenglish.voanews.com/
ブラウザでもアプリでも聞けます。
英語学習者向けで、アメリカ人がはっきりした発音でゆっくりめに話してくれます。分野も多岐に渡り、興味に合わせて選べます。
1つの番組が30分なのでちょっと長いですが、分けて聞いても良いですね。

【リスニングの練習】

リスニングの上達をしたい方は、興味のある話を聞きながら、マスクの中で少し口パクしながらシャドーイングしたりすると良いと思います。

短い番組なら何度も聞いてみてください。もちろん、単語を知ることも大事ですが、何度も聞くと耳も慣れてきます。

【帰宅したらできること】

おまけ
通勤中、目や耳だけでこうした勉強をして思い出せない単語や引っ掛かりがあった場合、できれば覚えているうちにメモしておきましょう。
帰宅したら調べて、その日のうちに疑問は解消しましょう。

本やスマホを持たなくても、更には手がふさがっていてもできる勉強、探せば方法は色々あります。
通勤中に少しでも英語に触れたい方は、(通勤中ですし)必死にならずに、楽しくできて長続きしそうな方法を選んでやってみてください♪

  • ブックマーク