英語コーチとして、私にできること

私の英語コーチプログラムで、コーチとしてできること!

プログラム内容の紹介とともに、4つ挙げました! それは・・・

1.まず、これはコーチとして基本的なことですが、クライアントさんの目標を一緒に設定します。目標といっても、ただ「英語が話せるようになる!」とか「聞き取れるようになる!/読めるようになる!」というような漠然としたものではなく、いつまでに/何を/どのくらい(具体的に数字や教材でわかるように)を決めたいです。 

このとき、私のプログラムは3ヶ月というのが期限なので、最終的に3ヶ月後にどうするのかを、クライアントさんがワクワクするように心がけて、聞いていきます。

最終目標が決まったら、いきなりそこへ行こうとするとどこから手を付けていいのか分からず難しいと思うので、それを少し細かくして週ごとの”小目標”を決めていきます。それによってやることがより具体的に決めやすくなりますね。

小目標が決まったら、さらに毎日学習する前提で何をするかを決めていきます。クライアントさんによって弱い部分や不安なところを確認し、教材や一番合いそうな学習のしかた(インプット・アウトプットなど)を提案していきます。そして、クライアントさんが自分で決めた教材や学習内容で進めていくことになります。毎日学習するのが前提ではありますが、お仕事をされている方ですと帰宅後でお疲れでしょうから、無理なく続けられ、それでいて成果の出るようなものを考えていきます。

実は、私自身、どちらかというと(例えば1年以上の)長期よりも(数か月単位での)短期集中型の学習が得意です。また、毎晩終電が続いたような中でも学習する時間を作れて結果を出していた実績があるので、忙しい中での学習のコツなどもお伝えできるかと思います。

2.毎日、夜寝る前には当日の学習の進捗・感想・質問などをLINEでご報告いただきます。そして、それに対しての返信を毎日してクライアントさんとコミュニケーションをとります

これは、毎日繋がりを持つことでクライアントさんの「やらなくては」という気持ちを駆り立てるのと「見てもらっている」という安心感を持っていただくねらいがあります。一人で学習していると自分のやり方できちんと成果が出ているのか分からなるので、それをコーチという第三者に見てもらうことで客観的な評価を得られてモチベーション維持もできるのではないでしょうか。

3.週に1度のセッションで、オンラインで顔を合わせてお話を聞いて、クライアントさんの気持ちをお伺いしたり、学習の悩み・質問・愚痴、、、なんでも聞きます!

毎日のLINEのやりとりはありますが、実際に顔を合わせて話すコミュニケーションがあるのとないのとでは心持も違ってくるかと思います。週1回は多いと感じるかも知れませんが、きめ細かく様子を見るためにそのように設定しています。

毎週のセッション内では、一人ではしづらい学習のアウトプットの場としてミニレッスンも行うことができます。発音練習、スピーチの練習、会話練習など、対話形式でできることを一緒に楽しくやりましょう!

4.クライアントさんはお仕事をされている方になるかと思いますので、私自身の仕事の話や体調を崩すに至った経験などを(必要に応じて)シェアもしたりして、クライアントさんの気持ちに寄り添い、ほぐしていきたいです。時には、学習に疲れた時の気分転換やリラックス法なども提案できるかなと思ってます。

クライアントさんには安心して心地良く、成長を感じられるような英語コーチプログラムにしていきたいです。3か月間の短期間ですが、一緒にプログラムをやっていって、3か月前よりもずっと輝く自分でいられることを目指していきましょう!

  • ブックマーク