継続は力なり、の実感

英語の勉強が好きな方は継続することが負担ではなくむしろ楽しいと感じるかも知れません。しかし、そうでない方もたくさんいらっしゃいますよね。
継続するのは強い意志やエネルギーも使います。
では、学習を継続していくとどんないいことが起きるでしょうか?
その一例をご紹介しますね。

ある学習者Aさん。
かれこれ4か月ほど一緒にレッスンをしてきています。
お仕事の現場で使うための英語の言い回しや単語を学習されています。

最初は一通り、一から仕事の手順を追ってそこで必要だろうと思われる英語のフレーズと単語を教えていきました。また、Aさんからも、訳して欲しいフレーズをご用意頂いて英語にしてそのフレーズの練習をしていきました。

それが一周したところで、今度は例えば”I would like to~” ”Would you like me to~?” などキーフレーズを~の部分を入れ替えて練習してきました。

4か月ほど経ってきて、「あ、このフレーズ前にやった言い方でも使いましたね!」「前に出てきた単語が使えるかなと思って、新しく(違う状況に対する)文を作ったら、合っていてよかったです!」と嬉しい言葉が。

どういうことかと言うと、以前勉強したことを覚えていて、更に関連があるフレーズ・単語なのだと気が付いたということです。
私たちは、一度習っても復習をしないとその場だけで忘れてしまうことが多いです。きちんと覚えていて、フレーズや単語のつながりが分かったということはしっかりと復習をして次につながる勉強を継続してくださっているということなのです。

その気付きが最近のレッスンではいくつも出てきて、「あぁ、こうやって繋がると改めて前の勉強もまた分かりますね!」と学びの実感も得られている様子。

このように、継続していくと、以前に学んだことを忘れにくくなることや新しく出てきた事柄との関連に気がつくといったことが良い点としてあります。
もちろん、継続すればその分勉強も進むので純粋に知識が増えるという点でも良いことです。しかし、プラスαの成長が実感できるのは、「継続」しているからこそだなと思います。

  • ブックマーク